Zo通信

2019-09-20 00:00:00

 作曲家で藝大教授、副学長も務められていた松下功さんが亡くなられて丁度1年になります。練習演奏の指揮中のことであったとお伺いしています。私の2010年の個展に出品した作品『鳥たちの時間』を観て、曲のイメージがわいたというお話から2年ほどした2012年に、ようやく楽譜ができましたというお知らせをいただきました。私の作品と同名のタイトルで、1台のハープと2本のフルートによる演奏からなる楽曲でした。展示のために東京・椿山荘のロビーに一時期お貸ししていた私の作品を前にして初演が行われました。作品の隣に据えられたハープの演奏に、遠方の右と左からフルートが近づき中央で一体となり、また次第に離れていくという、会場の「場」を見据えた演奏と演出で好評を博しました。その後、2017年に台東区生涯学習センターミレニアムホールでの演奏会で、松下さん自らの指揮で演奏録音され、その時のCDをいただくことができました。作品同士の触れ合いを通して、創作するということの原点を静かに感じています。

(S.I)

 

2019-07-30 00:00:00

 令和への改元と期をいつにして広瀬川造形館も開館となりました。開館までに多数の方々のご理解とご協力を得ましたことに感謝申し上げます。「こけら落とし」として2階の展示室でまず私からの作品展示となりました。お世話になった皆さまへご案内とさせていただきましたが、多数の方々にご来館いただきお礼申し上げます。

 

 個人として「美術にできること」をゆっくりと考え、実行していきたいと考えております。妻の池田カオルとは、これまで長い期間を通してそれぞれ制作活動を続けてきました。二人同時の展示会としては、3年前初めて日本橋三越本店で「2人展」を企画していただきました。広瀬川造形館の今秋の企画展では、郷里の皆さまに見ていただけることを願って、改めて2人の作品展の開催を予定しております。この機会に皆さまにお会い出来ることを願っております。日程などにつきまして、当館のホームページでご確認ください。 

 

 今後、一人でも多くの方々が当館へのご理解をいただき、ご支援をいただければ幸と存じます。

 

池田政治(S.I)

 

1 2 3