Zo通信

2019-07-30 00:00:00

 令和への改元と期をいつにして広瀬川造形館も開館となりました。開館までに多数の方々のご理解とご協力を得ましたことに感謝申し上げます。「こけら落とし」として2階の展示室でまず私からの作品展示となりました。お世話になった皆さまへご案内とさせていただきましたが、多数の方々にご来館いただきお礼申し上げます。

 

 個人として「美術にできること」をゆっくりと考え、実行していきたいと考えております。妻の池田カオルとは、これまで長い期間を通してそれぞれ制作活動を続けてきました。二人同時の展示会としては、3年前初めて日本橋三越本店で「2人展」を企画していただきました。広瀬川造形館の今秋の企画展では、郷里の皆さまに見ていただけることを願って、改めて2人の作品展の開催を予定しております。この機会に皆さまにお会い出来ることを願っております。日程などにつきまして、当館のホームページでご確認ください。 

 

 今後、一人でも多くの方々が当館へのご理解をいただき、ご支援をいただければ幸と存じます。

 

池田政治(S.I)

 

1 2 3